Day24 拉致!?

十分睡眠をとり体調もだいぶ回復。喉の痛みも治まってきた。
ラサ出発は今日でも明日でもどっちでもいいかな〜という感じ。とりあえず、9時に街へ出て公安局出入管理所へ行き、チベット入域パーミットが取れるかどうか聞いてみる。期待はしていなかったがやはりNG[:ポロリ:]
バス代込みで1700元という話。成都から飛行機で行くのと変わらないじゃないかと言ったら、あっさり「そうだ」と言われた。
これで予定通り(?)闇バスでのラサ行きが決定。駅前のバスターミナルへ行ってラサ行バスの様子を見る。6〜7台のラサ行寝台バスが停まっている。うろついていればてっきり闇バス業者が食いついてくると思っていたが、全く反応なし。おととい買った中国人っぽい地味シャツを着て髭伸ばしてるから外国人に見えなかったのか???ま、一度宿をチェックアウトして午後荷物を持ってもう一度来てみよう。そこで、400元程度(中国人正規料金は170〜180元)で話がまとまれば出発、という算段を立てる。

12時前に宿へ戻りチェックアウトし、食事をとってから再び駅前へ、すると

バスがなくなった!

あれだけ停まっていたラサ行が全くなくなっていた。どれも午前出発だったらしい。
一応バスターミナルで午後発はないのか聞いてみようと思ったら、数人の男達がやってきて敦煌へ行くのか?ラサへ行くのかというので「ラサだ。午後発はあるのか?」と答えると、そのうちの1人スキンヘッドの奴が腕をつかんで、あるぞ、来いとバスターミナル駐車場を抜け、隣接のホテル駐車場へ強引に連れて行く。他の連中も4人くらいついて来る。

あ、もしかして拉致!?

こいつらやばい連中じゃないかなという思いが頭をかすめる。しかし、何か事があれば少なくともこのスキンヘッドの男は追求できると思うので、白昼こんなところで強盗に及ぶ可能性は少ないだろう[:唖然:]
腕を放され少し落ち着いたところで、ところでバス代はいくらなんだ?と聞くと。どこの国だ?韓国か?と聞き返される。どうやら国によって相場が違うらしい。たぶん韓国の方が安いだろうし、そう言っておこうかなとも考えたが、金払う前にパスポート見せろと言われればすぐばれるので正直に日本人だと答える。提示金額は

800元!

内心、一発目でこの提示ならいけると思った。まずはしれっと、高すぎ!友人は350元で行ったと聞いた、とカマをかけ、即座に立ち去ろうとする。
予想通り、連中はちょっと待てと言い、何人かが、350元はありえない!400元だの500元いろんな数字を言ってくる。その中で、例のスキンヘッドの兄ちゃんが400(フォーハンドレッド)でOKか?と言い、彼らの部屋に連れて行こうとするので、同意もしないままに彼についていく。別の奴は行くなという仕草をしていて、こいつら仲間なのか商売敵なのかよく分からない。

荷物を降ろし、そこで改めて交渉と質問を再開。
「バスは何時発なんだ?」
「夕方6時、それまでこの部屋で休んでな」
「他に外国人はいるのか?」
「いない。アメリカ人や韓国人がいたが、彼らは10時のバスで出発した」
「アメリカ人はいくら払ったんだ?」
「1000元」
「…明日もバスは出るのか?」
「明日10時に出る」
「分かった。だったら明日のバスの方がいい。350元にしてくれ。」
「ダメ、400元だ。アメリカ人は1000元払ってんだぞ。」
「中国人は180元じゃないか!」
「それは問題外だ。日本人400元は格安なんだぞ。」
といった会話(中国語につき、相手の回答は一部推定)が行われ、またスキンヘッドの男に連れられ、ホテルの部屋をとらされた。
ま、400元ならほぼ予定通りなのでいいか…。部屋に入ってから前金100元を出せと言うが、部屋が分かってんだから前金いらねぇだろ、払わないぞとキッパリ断る。一応、これで話はついたようで、明日9時に迎えに来ると言って男は帰っていった[:たらーっ:]

さぁ、明日このバスは本当に出るのでしょうか?
そして、僕は無事ラサに着けるのでしょうか?

この続きはラサより…To Be Continued!
そして、May The Force Be With Me!

本日の1曲 The Police「 Wrapped Around Your Finger」

Comments