【12月1日がチャンス】2015・2016年末年始 格安旅行術

年末年始に旅行を計画されている方は多いと思いますが、観光産業側としては稼ぎ時なので宿泊費をはじめとした旅行費用の高騰にゲンナリしますね。わが家もそうなのですが、今年はちょっとした工夫で少し安くあげることができましたので、その方法をご紹介します。

ふるさと割・ふるさと旅行券クーポンで宿泊料金が最大半額に

大手旅行会社などから地域ごとに先着順で利用できるふるさと割・ふるさと旅行券と呼ばれるクーポンが発行されています。これは、安倍政権が地方創生のための施策として「地域の名物商品・観光資源に対する消費を、購入者への助成により喚起・拡大」することを目的として行っている「地域住民生活等緊急支援のための交付金事業」を活用して、国が旅行券の購入金額の一部を負担するシステムです。

どういう理由かは知りませんが、クーポンは取扱会社が決まっているので、例えば沖縄県のクーポンを入手したい場合、じゃらんではクーポンがあるが、るるぶにはない、ということが普通です。今日、12月1日は多くの地域での発売が予定されているので、年末年始の旅行に向けた争奪戦が予想されますので、行きたい地域が決まっている場合、下のサイトなどで取扱会社を確認して効率よくチェックすることをお勧めします。

 

 

 

ふるさと割・ふるさと旅行券をさらにお得に活用する方法

  1. 連泊する場合、家族の名義で1泊ずつ予約する

クーポンによる助成金額は「3名で10,000円」のように上限が決められていますので、連泊して旅行金額が倍になっても助成金額は変わりません。しかし、家族の名義で1泊ずつ予約することで、別の旅行と認識され、実質的な助成金額が倍になります。

 

  • ポイントサイトを経由して、ポイントを稼ぐ

 

1と比べると、インパクトは小さいですが、ポイントサイトを経由して各旅行会社のページヘ飛んで、予約をすることでAmazonギフト券などに交換できるポイントを稼ぐことができます。僕が利用しているのはハピタスというサイトで、本日のレートではじゃらんの宿泊で250ポイント、るるぶトラベルでは宿泊料金の1.7%還元されます。旅行に限らず、様々なネット経由のショッピングに使えますが、旅行は比較的購入金額が高くなるので一手間かける価値はあると思います。

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

まとめ

今年、福岡に出張した際、ふるさと旅行券の存在を知ったのですがビジネスなど用途に関わらず旅行代金の助成が行われることに驚きました。わが家も、先日静岡県がYahoo!トラベルから発行しているクーポンを使って、年末の旅行を予約しました。旅行費用がかかる時期なので、こうしたサービスを利用してお得に旅を楽しんではいかがでしょうか?なお、ふるさと旅行券を使用した場合、簡単なアンケートに回答する必要があります。

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

楽天トラベル株式会社

Comments