年末年始旅行で不在にするときは郵便の不在届が便利

今年の年末年始は6年ぶりに海外で過ごすのですが、今住んでいる家のポストは吹きさらしで、強い雨が降ったりしたらせっかくいただいた年賀状がぐちゃぐちゃになる恐れがあります。
これを何とかできないかと思って調べてみると、郵便局で不在届を出すことができることを発見しました。
Royal Mail letter box stuffed full with letters

不在届はどこで入手、提出するのか

不在届は、郵便局でもらうか日本郵便のウェブサイトでダウンロードします。郵送での提出はできず、郵便局での手続きが必要なので、ダウンロード、印刷をする意味はあまりないでしょう。
手続きに必要なものは、印鑑(郵便局の窓口ではサインでもOKと言われました)と身分証明書です。
住所、氏名、電話番号と不在になる期間を記入し、提出するだけです。手続局から配達局への連絡が必要なようなので、少し余裕を持って手続きをする方が安心です。

↓コレが不在届
IMG_0893

宅配便には不在届があるか

調べてみましたが、宅配便業者にはこうした事前届出を受け付けるサービスはなさそうです。ただし、ヤマトのクロネコメンバーズや佐川急便のWEBトータルサポートなどで配達通知サービスを登録しておけば、配達前に通知が来るので受取日を変更することで対応が可能でしょう。

まとめ

長期不在でポストから郵便物があふれている状態は、防犯上もよろしくないので不在届を活用することをオススメします。
また、年末年始は年賀状が届くので、不在期間がさほど長くなくても雨が降ると郵便物が濡れてしまうポストの場合は、不在届を出しておくとよいと思います。

Comments