Day270 再びKKH

昨夜11時過ぎに宿に戻ってからは調子よく電気が来ていたので、1時過ぎまでPCを使っていた。
で、今朝は8時過ぎに起床しシャワーを浴び、コーヒーを飲んでからパッキングを開始。チェックアウトが10時、バスが11時なのでゆっくりしてギリギリに宿を出て朝食をとる。10時半ころNATCOのオフィスに行って200mくらい離れたところに停車しているバスに案内される。ここでしばらく出発待ち。
なんだかよく分からないが客の一人とオフィスのオヤジが揉めているようだ。どうでもいいけど出発に影響しないことを祈るだけだ。が、やはりその影響か30分以上遅れて出発、しかも15分先のガンバ・スカルドゥでもう昼食休憩。スカルドゥからピンディだと普通に行っても24時間はかかるのでできるだけ順調に進んでほしいのだが…
実質的には12時過ぎの出発となった。外国人チェックもなく橋を渡りギルギットへ向かう川沿いの崖っぷちルートに入る。こういう道はやはり大型バスだとすれ違いに時間をとられるし、ちょっと怖い場面も多い。7時間近くかかってKKHに入る。ここからしばらくは順調に飛ばして行ったが、ジャグロットの辺りのポリスゲートで停められる。30分ほど待ってポリスカーが数台の車を誘導する形で出発。ここからチラスまでは強盗が出る区域なので夜間はポリスの護衛付で走るのだろう。8時50分頃チラスに到着。ここで夕食休憩だが、あまり食欲もなかったのでビスケットだけ食べて出発を待つ。が、いくら待っても出発しない。
2時間後…ようやく出発。どうやら護衛が必要な区間はまだしばらく続くようでポリスの準備が整うのをずっと待っていたらしい。後は深夜のKKHを南下するだけ。朝にはどこまで進んでいるだろうか?そんなことを考えていたらじきに眠りに落ちてしまった。

本日の1曲 The Beatles「Long and Winding Road」

↓カラポーチョとその向こうに聳える雪山

Comments