「JALじゃらんパック」で予約したフライトでタッチアンドゴーを使う設定

僕は先得の予約期間を過ぎてから出張が入った時は、割安な「JALじゃらんパック」を使うことが多いです。いつもiPhoneでチェックインするタッチアンドゴーの登録方法を忘れてしまうので、設定をメモしておきます。

JALのウェブサイトから予約したフライトは、JALサイトから予約確認やタッチアンドゴーの2次元バーコードを表示させそのままiPhoneでチェックインができますが、「JALじゃらんパック」の「eチケットお客さま控」ページをスマホに出してそのバーコードをチェックインカウンターの読み取り機にかざしてもWalletアプリが立ち上がってしまい読み取りができません。

そのため、予約内容をWalletに登録するという一手間が必要になります。バーコードを印刷してしまえばよいのですが、最近プリントアウトする習慣がなくなっているので、いつも羽田空港へ向かう電車の中でどうやるんだっけ、と調べています。

設定方法

まず、JALじゃらんパックの予約詳細ページで、便名(数字4ケタ)と予約番号(英数字6ケタ)、確認番号(8ケタ 往復の場合どちらか一方でOK)をメモしておきます。ここでトリッキーなのが、じゃらんの予約番号とJALの照会用予約番号が異なることで、大きく書いてあるじゃらんの10ケタの予約番号ではなく、フライト情報の下に小さく注記してある「JAL予約番号(6ケタ)」を入力しなければならないことです。

続いて、ブラウザでJALウェブサイト(スマホ用)を開きます(JALアプリではできません)。国内線 空席照会・予約ページから「国内ツアー 予約確認・座席指定・搭乗用バーコード」を選択します。

「旅行会社にて購入した国内パッケージツアー」→「ツアー予約検索」ボタンをタップします。

「座席指定以外のお手続き」→「手続きをする」を選択し、フライト情報を入力します。ここで先にメモした予約番号と便名が必要になります。

予約詳細画面で予約内容を確認し、「モバイル搭乗券」を表示します。今度は「確認番号」が必要になります。非常に面倒ですね。

二次元バーコードが表示されるので、「Walletに保存」ボタンをタップします。フライト情報が表示されるので、右上の「追加」をタップします。往復の場合はそれぞれ追加をします。これでWalletに情報が登録されるので、チェックインの際はWalletアプリから該当のフライトを選択し、読み取り機にかざします。

改めてプロセスを書くとやはり面倒ですね。
結論: 紙に印刷するほうがよいでしょう(苦笑)。

Comments