わが家にルンバがやってきたヤァヤァヤァ

iRobotファンプログラムのモニター企画に当選し、最新型のルンバ980がわが家にやってきました。ウチは、妻が非常にきれい好きで、毎朝4時~5時に起きて、息子を保育園に連れて行く支度などを始める前に1時間弱掃除をしてくれています。常々、毎朝掃除機をかけられたら…と言っているので、ルンバがあれば楽になるかなぁと以前から関心は持っていたのですが、そんな妻なので「きれいかどうか」に対する目も厳しく、購入してから”使えない”の烙印を押されてももったいないので、今回のモニターは大変ありがたい機会でした。

021_R

パッケージ開封

僕は、すごく期待しているルンバなのですが、妻はその能力に初めから懐疑的なので「見せてもらおうか、最新型ルンバの性能を!」という気持ちでさっそく開封します。

013_R

パッケージは非常にシンプル。

015_R

付属品は、充電用ホームベース、バーチャルウォールにブラシやフィルターなどの消耗品数点だけ、スタートガイドもシンプルで好感がもてます。

017_R

ある程度充電された状態で出荷されているため、絶縁用のシートを抜けばすぐに起動します。僕のような新しモノ好きには、この「すぐ使える」というのはすごく嬉しいです。

019_R

020_R

本体上部の「CLEAN」ボタンを2回押すだけで早速清掃を開始します。掃除機なので当たり前ですが、思った以上に音は大きいです。以前、家電量販店でデモを見たことはあったのですが、その時はうるさいという印象がなかったので、静かな屋内とお店の違いで感じ方がだいぶ違うようです。息子はしゃべって、自走するお掃除ロボットに興奮気味。

031

なお、このルンバでは、清掃モード選択、曜日ごとの清掃プログラム等細かな設定は全て「iRobot Home」アプリで行う仕様になっているので、スマホを持っていない方には不適でしょう。Wi-Fi情報をルンバに送信し、接続が完了するとスマホからリモートでルンバに清掃開始、一時停止などの指示を送れるようになります。

027_R

028_R

初回清掃終了

初回清掃は53分、清掃面積は31平米で終了。翌朝掃き掃除をした妻によると、ほこりのとれ具合は掃除機をかけた場合の半分くらいかなぁとのことでした。ルンバ980は800シリーズの10倍の吸引力というフレコミですが数値は公表されていないようです。やはり、普通の掃除機と比較すると吸引力ではかなり劣るのでしょう。その分、ホコリが多いところは重点的に何度か往復してキレイにしてくれるようです。

なお、2日目は家に誰もいない10時から清掃開始とプログラムして出かけ、お昼すぎにアプリで清掃履歴を確認しようとしたところ、「エクストラクターに異常」のエラー表示が出ており、帰宅してチェックしてみたところ輪ゴムが絡まっていました。こういうのは苦手なのですね。これからモニター期間の3か月、使っているうちに学習による進化がどの程度あるのか楽しみです。

Comments