【読書メモ】どんな時代もサバイバルする人の「時間力」養成講座 (小宮一慶著 ディスカバー携書)

今年から著者の小宮先生のセミナーに何度か出席し、色々刺激を受けています。お話を聞いていていつも驚かされるのが、その多忙ぶりと記憶力なので、小宮先生の数多い著書の中から「時間力」を選び、読んでみました。

いい意味で期待を裏切られたのが、本書の肝になるコンセプトが「効率よく時間を使う技術」ではなく、「成果を上げられる時間を確保する」という点でした。多くの「時間術」の本で語られるのは、スキマ時間の活用といった話になりますが、成果を求められる仕事を生業にしている小宮先生のようなコンサルトや先生が普段お付き合いしている経営者にとっては、数%の効率化に大した意味はなく、限られた時間の中でアウトプットを最大限に上げることが求められるのでしょう。その本質的な解決策として、やる気のある時間を確保する=時間をコントロールするという方法が挙げられています。

精神的な自由度を高めた状態に訪れる最大限のアウトプットができる時間を「スターの時間」と紹介されていますが、チクセントミハイの言う「Flow」状態と同じゾーンなのかと思います。本書が出版されたのが2009年で、Flowは2008年のようなので、出版当時はまだFlowという言葉が一般的ではなかったのでしょう。

「時間力」というタイトルですが、時間だけではなく、講演や執筆といったアウトプットの効率を上げるためのテクニックにも触れられています。個人的には、講演のポイントはこれからの自分に役立つ部分で、とても勉強になりました。ちなみに小宮先生は『「面白いお話をありがとうございました」は(お笑いをしているんじゃないんあだから)失礼でしょう、「役に立ちました」と言ってくださいよ』と講演の際に笑いを取りながらおっしゃっていました。

小手先の時間捻出ではなく、自分の時間をコントロールして生産性を飛躍的に高めたい方にはぜひ読んでいただきたい一冊です。

以下、覚えておきたいポイントの抜き書きです。

  •  やる気の出る時間をどれだけ確保するか
  •  自分の時間を把握し、やることを把握して時間をコントロールできる
  •  もっともパフォーマンスのよい時間帯を把握し、それを最大限に活用できるようセッティングする(邪魔されない工夫、すぐに取りかかれる段取り)
  •  気持ちはプラスとマイナスしかない=ネガティブな感情とポジティブな感情は併存しない→切替が大事
  • 「志は気の師」目的を持つことでエネルギーが出る。ブレイクダウンではなく、目標のステップアップから目的を見出す方法もある
  •  読書の目的の1つは論理的思考力を高めること、それは論理的思考力の高い人が書いた難解な本を読み解くことで得られる
  •  段取りとは、この後起こることを予見すること
  •  アウトプットのポイントはバリューとインパクト
  •  講演のポイント 1.最初にいかに観客の関心を惹き、聞く姿勢にさせるか(IMPACT) 2.話の内容に価値を感じてもらうか(VALUE) 3.話を聞いて感動し、また聞いてもらえると思うか
  • 自分の得意なこと以外は伝えない
  •  意味ではなく意識が伝わる話をすると、繰り返し聞きに来てくれる
  •  講演の際は最初の2分間だけ練習する
  •  迷う時間をなくす

【読書メモ】JALで学んだミスを防ぐ仕事術(小林宏之著 SBクリエイティブ刊)

ワールドカップグループリーグ最終戦 西野采配への反応を見て
サッカー日本代表はポーランドに1-0で敗戦しましたが、フェアプレーポイントでセネガルを上回りグループリーグ突破を決めました。2大会ぶりの決勝トーナメント進出自体はとても喜ばしいことなのですが、メディアやSNS上では、残り時間が少なくなってコロンビアがリードしているという「他力」に頼り、ダメージを深くしなければ敗戦でよしという意図を持って無難なパス回しに終始した西野采配について賛否両論が巻き起こっているようです。

我が家にはテレビがないので試合自体は見ていませんが、ちょうどこの試合と同じタイミングで読んでいた元JALキャプテン小林宏之氏の「JALで学んだミスを防ぐ仕事術」と重なる部分があるな、と感じ書籍の紹介をしてみることにしました。

続きを読む

【読書メモ】サクッと起業してサクッと売却する(正田圭著 CCCメディアハウス)

軽いタイトルですが、起業して株式会社を設立するということは、売買を前提としていることを再認識することになりました。著者の言う通り、会社を経営しても役員報酬を得て満足しているのでは雇われているのと大して変わらないと言えるかもしれません。非上場株式会社のオーナーになるということは、自分の会社に投資をしているのであり、経営者であると同時に株主の目線を持っていなければならない、むしろ株主目線の方が重要ということは見落としがちな事実でしょう。
以下、本書で覚えておきたいことをメモします。

続きを読む

【読書メモ】「小さな習慣」はコロンブスの卵かもしれない

2017年に日本版が発行されたスティーブン・ガイズの「小さな習慣」を読んでみたのですが、この本が非常に実践的で"誰にでもできる"という点で秀逸だと思い、紹介してみます。様々なビジネス書で勧められる「習慣化」を試してみてもうまくいかない場合には、本書を読んでみるとよいでしょう。

続きを読む

【読書メモ】最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと(マーカス・バッキンガム著 日本経済新聞社)

土井英司さんの「一流の人は、本のどこに線を引いているのか」で紹介されていた多数の本の中でいちばん興味を惹かれ、早速読んでみました。
リーダーシップやマネジメントに関して書かれた本は多数ありますが、僕が読んだ中ではこの本に書かれている「優れたマネジャーは、部下一人ひとりの特色を発見し、それを有効に活用する」「優れたリーダーは、よりよい未来に向けて人々を一致団結させる」という2つは最も”腹落ち”するものでした。
本書の後半は、個人の継続的な成功について書かれており、そこで示される「自分がしたくないことを見つけ出し、それをやめる」という一言も(実際に行うことはなかなか難しいですが)非常に納得できるものでした。

続きを読む

【読書メモ】マニャーナの法則完全版(マーク・フォスター著 )

タスク管理ではよく目にしていた本、「マニャーナの法則」が2016年に完全版として発行されたので、遅ればせながら読んでみました。話の肝は、新しくきたメールや仕事にいちいち反応して作業するのではなく、緊急でないものは明日着手することを原則とし、1日にすべき仕事の量を制限しきっちり片付けていくというものです。

マニャーナの法則
1. 今日新たに発生した仕事を集めておく
2. 仕事を類別する
3. 類別した方法に従って翌日まとめて処理する

本書を読んで早速試してみましたが、間違いなく効果アリです。集中してリストに書かれた仕事に取りかかり、終わったら消していきます。それによって、その日に予定していた業務はしっかり18時までに終えることができました。

今までも毎朝To Doリストを作成し、それを消し込むように作業をしていましたが、上司からの指示やメール、電話などの割り込み仕事に対応するために、日によってはリストの半分も手付かずで翌日に持ち越してしまうことが多々ありました。こういう状況になってしまっている人には、ぜひ「マニャーナの法則」を読んで実行されることをオススメします。

ただ、実際問題として、指示された仕事にその日は着手しないというのは、なかなか気まずいものがあります。「自分はこういう仕事のスタイルだから」という周囲からの理解を得るのは、ある程度のポジションの人なら許されるかもしれませんが、若いうちはちょっと難しいかもしれません。

続きを読む

【読書メモ】幼児教育の経済学(ヘックマン著 東洋経済新報社)

わかったブログでかん吉さんが紹介されていたので、5歳の息子を持つ親として読んでみました。
先にお断りしておくと、本書は個々の家庭における幼児教育の方法についての書籍ではなく、ノーベル経済学賞受賞者である経済学者が、アメリカでの研究結果を基にして、教育を「投資」と考えた場合において、国家や地方自治体単位で未就学児に対して行う幼児教育がリターンが大きくかつ公平なものであると唱えた論文です。
僕自身、少しは自分の子育てに関するヒントでもあるのかな、と思って読んだのですがそうした意味では期待に応えてくれる本ではありませんでした。とはいえ、6歳までの幼児期に行う教育の重要性が様々な裏づけをもって書かれていますので、手法は示されていなくても、事実として知っておくことは有意義でした。

続きを読む

【読書メモ】Action Reading アクションリーディング(赤羽雄二著 ソフトバンククリエイティブ)

ゼロ秒思考」の著者が読書術について書いた一冊。読書術とは言っても、いかに読書のスピードを上げるかという速読術のようなテクニカルな内容ではなく、受け身の読書から「攻め」の読書スタイルへの転換、つまり、ビジネスマンの読書スタイルは、読書の時間を作り、必要な本を選び、読んだ内容を自分の血肉としていくことが必要ではないか、ということがメインテーマになっています。

続きを読む