iPhoneのケースに最適のすべり止め「GRiPhone」

第2世代iPhoneSEが発表され、早速iPhone8から買い替えました。今回は3つのカラバリからREDを選択、iPhone8と比べると3倍早い「赤い彗星」とまでは言いませんが、8で悩まされていたメモリがいっぱいになって動作がもたつく現象もなく、とても快適です。ただし、機能面で8と異なる点は撮影時のポートレートモードくらいで、おおっ!という驚きはありません。誰もが言うようにコスパは高い機種ですが、8で特に不満がない人が買い換える必要もないかな、と個人的には思います。今使っているのがiPhone6あたりなら間違いなく「買い」でしょう。

さて、8とSEはサイズが一緒なのでケースはそのまま使えるのですが、改めて今まで使っていたTPUクリアケース(Spigenのもの)を外してみると予想以上に黄ばんでいたのでせっかくのREDが映えず、買い換えることにしました。

Amazonで物色して選んだのがTORRASというメーカーのフレームが赤になっているケース。背面は製品のREDがそのまま見え美しいです。ちなみに、僕はケースを分厚くしたくないこと、ジョギング時にはアームバンドに付け替えないとならないことから、毎回薄めのクリアケースにしています。

このTORRASのケース、デザイン的には気にいっているのですが、以前のSpigen製と比べるとツルッとしていて、滑りやすいのが難点です。すべり止めになるものを探して、まずはダイソーで靴につける滑り止めゴムなどを試してみましたが、うまくフィットするものがありません。そこで、またAmazonでよいものはないかと探して見つけたのがこの「GRiPhone」というものです。

サイズは色々あり、それに伴って価格も異なりますが、スマホのすべり止めとしてポイントになるのは裏よりもサイドの部分なので、カットしなくてもここに貼れる「Narrow」を選びました。

ポチってから2日後に到着、宮崎県から発送されたようです。早速、開封します。幅はすべて5.5mmで、長さが50mm、75mm、128mmの3種類が4本ずつ入っています。僕は両サイドに75mm、裏に50mmを2つ、128mmを1つ貼ってみました。

これくらいの幅ですが、期待以上のグリップ力です。落っことしそうな不安は全くなくなりました。また、厚さは0.5mmなのでジョギング時のケースに入れるのも問題ありません。iPhoneを裸で使う場合も、(シール跡が気にならなければ)サイドにこれを貼っておくと安心でしょう。オススメです。

Comments