家族旅行で大阪マリオット都ホテルに滞在

令和元年の夏休み、家族旅行と妻の祖母訪問を兼ねて大阪と淡路島に行ってきました。SPGアメックス会員の特典で1泊無料宿泊ができたので、大阪の宿泊は大阪マリオット都ホテルにしました。特典は50,000ポイント分なのでカテゴリー6のスタンダード枠ギリギリで追加支払は発生しません。

このホテルには昨年、一度出張で滞在していて、その時は54階の部屋になりました。何より高層階から望む眺望の素晴らしさ、そして、その眺めを最大限に活かす壁一面の窓、バスタブに入りながら夜景を楽しめるなど部屋のレイアウトに感激しました。これを家族にも見せてあげたいと思っていたので、高層階にしてくれるといいなぁと思いつつチェックインすると、なんと最上階の55階のデラックスルームにアップグレードしてくれました。無料宿泊なのに…神対応に多謝。

SPGアメックスの恩恵でMarriott Bonvoyのプラチナエリートになっているので、ラウンジアクセスや朝食提供の特典を受けられるのですが、これは添い寝扱いで追加料金を払っていない8歳の息子分もOKとのことでした。さらにあべのハルカスの展望台入場券も3名分いただきました。申し訳ないくらいです。

チェックインは38階のラウンジで行いました。手続きを待つ間に息子は早速、デザートやジュースをいただきご満悦。事前にアメニティは3名分を頼んでいたのですが、チェックイン時に子供用に小さいスリッパや歯ブラシも渡してくれました。部屋に置いてあるのと、チェックイン時にホテルスタッフの方から渡されるのではちょっと印象が異なります。細やかな配慮が嬉しいです。

客室の様子

手続き終了後、早速、55階の部屋へ。部屋のレイアウトは、昨年宿泊した54階の部屋と同じようです。ヤンマースタジアムなどがはるかに見渡せる素晴らしい眺望。息子は興奮のあまり、ベッドの上を狂喜乱舞していました。

落ち着いた和モダンの客室で、片引き戸が効果的に使われています。バスルームの背面が大きな片引き戸になっていて、洗面台の方に引けばバスタブから外の景色が楽しめますし、バスタブ側に引くと、窓からの光で洗面台の脇がパッと明るくなります。以前に泊まった時にも、このアイデアは秀逸だと思いましたが、改めて納得しました。窓際にはオットマン付きのチェアがあり、とにかく「眺望ファースト」な作りです。

アメニティも凝っていて、歯ブラシやカミソリなどを並べるとあべのハルカスや通天閣、大阪城といった大阪を代表する建造物のシルエットをあしらっています。マウスウォッシュがあるのも嬉しいです。

ラウンジは、38階のフロアの大半を使っているので、とても広々としています。僕が今まで日本で宿泊したいくつかのMarriott、SPGのホテルの中では最大級の広さだと思います。カクテルタイムの食事も充実しており、外に食べに行く必要がありません。もちろん、お酒、スイーツ類もたくさんのチョイスがあります。(ラウンジであまり写真を撮るのは気がひけるのでお酒、食事の画像ナシです)

朝食もラウンジでいただきます。レストランビュッフェと比べるとチョイスはやや少なめですが、ガヤガヤした感じがなく、落ち着いていただけるのは嬉しいです。エッグステーションがあり、オムレツは好みのトッピングでその場で焼いてもらえます。

プラチナステータスのもう1つの大きな特典が16時までのレイトチェックアウトです。今回は家族旅行で移動だったので、あべのハルカス展望台へ行ってお昼前にはチェックアウトしましたが、出張の時はアポイントの間は部屋に戻ってデスクワークをし、また次のアポイントの前に出かけるといった使い方をしています。

まとめ

高層ホテルならではの眺望を生かした部屋と充実したラウンジ、(無料宿泊なのに)ホスピタリティあふれる対応と、非の打ちどころのないステイになりました。上級会員ならではの体験ができて、妻子からの株もちょっと上がったかも。

こんな待遇を受けられたのもSPGアメックスカードのおかげです。年会費は確かに高いのですが、この日に大阪マリオット都ホテルのスタンダードツインルームを予約すると約4万円だったので、無料宿泊だけで元を取れてしまいます。検討されてはいかがでしょうか。↓のフォームからアドレスをお知らせいただければ紹介者特典で初年度ポイントがもらえます。

Comments